■1005■藤原啓治さん応援中!!!

声優:藤原啓治さん出演作品の個人的な感想を書き綴るファンブログです。よろしくお願いします。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アニコムラジオDJCD 4EVER
アニコムラジオDJCD 4EVER (JUGEMレビュー »)
ラジオ・サントラ,藤原啓治,阿澄佳奈
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
声優PARADISE VOL.4 (グライドメディアムック04)
声優PARADISE VOL.4 (グライドメディアムック04) (JUGEMレビュー »)

Amazonでは先着で藤原さんのポストカードが付きますよ!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    EDGE
    0
      評価:
      津田 健次郎
      宝島社
      ¥ 2,916
      (2015-06-11)
      コメント:想像以上の藤原さんがここにはいました。

      JUGEMテーマ:藤原啓治


      久しぶりの更新です!


      津田健次郎さんが責任編集を務めた声優本。

      藤原啓治さんは「破壊と再生ダーリン♥」というテーマの写真とインタビューが掲載されています。

      藤原さんが載っているページは本編17ページ、冒頭1ページ、メイキング2ページ。
      写真は小さいものも含めると27枚かな?

      いいお値段の本なので購入を躊躇してしまいましたが、内容はぶっ飛んでいます!
      ただし「カッコいい藤原啓治さんは、ほとんどいません」
      注意です。

      この本にはトークCDも付いてますが、CDに藤原さんは出演していません。

      以下、ネタバレです。
      続きを読む >>
      | 雑誌・本 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      アニメディア 2012年12月号 付録声優データファイル2012
      0
        JUGEMテーマ:藤原啓治



        毎年声優データファイルが付録になるアニメディア。
        今年は遅い印象ですが、付きました。



        今回は簡単なプロフィールとアンケートのみ(このアンケートがない声優さんもいます)。


        ・チャームポイント
        ・尊敬する人物
        ・2012年のマイブーム


        の3つがアンケートの内容です。



        藤原さんもアンケートに回答されてました。


        チャームポイントが面白かったかな?
        あとの2つはほぼ想像通りな感じです。

         


        そうは言っても、今年のデータファイルはここ数年の中で1番つまらなかった…。来年に期待しましょう。

        | 雑誌・本 | 22:51 | comments(1) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
        電撃Girl's Style 10月号
        0
          JUGEMテーマ:藤原啓治


          Double Score シチュエーションCD 崎田タクト〜Rose〜


          収録後のコメントが掲載されています。


          インタビューの内容は、演じた感想とCDの聴きどころ。



          藤原啓治さんは、キャラクターのことを「面白みのある大人」と話されてます。
          ダミーヘッドマイクでの収録は、自然にしゃべってる感じで収録できたそうです。


          小さいカラー写真も載ってます。
          赤いチェックのシャツを着て、サングラスをかけずに笑う啓治さんでした。


          崎田タクトの記事は2ページですが、啓治さんの枠は小さいです。片隅です。



          Girl's Styleでは、毎号Double Scoreの描き下ろしの連載も載っているということで、いつかビジュアルブックが出ると思います。
          シリーズが来年まで続くので(というか、来年がメインですね)、いつ出るかはわかりませんけども。

          | 雑誌・本 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
          宇宙ショーへようこそ 公式ガイドブック
          0
            JUGEMテーマ:藤原啓治




            劇場アニメ『宇宙ショーへようこそ』のガイドブックです。


            ストーリーガイドと設定資料だけで90ページあり「分厚いパンフレット」という物ではなく、本当にガイドブックでした。



            自分はキャストインタビュー目当てで購入しました。
            インタビューが載っているのは、主演の子役たち5人と藤原さんです。


            ガイドブック用の撮り下ろし写真はなく、宣材写真が使われています。



            藤原さんへのインタビュー内容は


            ・宇宙ショーへようこそに参加すると決まった時の気持ち、台本を読んで感じたこと
            ・収録の様子
            ・共演者の皆さんの印象
            ・子役と交流して知ったことや教わったこと
            ・ベテランが多い現場での印象
            ・お気に入りのシーン
            ・監督や音響監督からどんな演技指導があったのか
            ・ポチを演じる際に注意した点、苦労した点
            ・子供時代にポチに出会い宇宙へ行けたら
            ・読者へ向けてのメッセージ


            です。


            舞台挨拶の内容と被っているものもいくつかあるように思いますが、要点を抑えていますね。




            藤原さんのインタビューよりも面白かった(失礼)のは、夏紀役のともよちゃんのインタビュー。



            環季ちゃんと「藤原さんかっこいいね」と話していた事をスタッフさんが藤原さんに伝えたところ


            「直接言ってほしいな…」


            と返され、2人で直接言ったら


            「やっぱり直接は恥ずかしいな」


            と。
            中尾さんを含め、皆大笑いだったそうな。



            監督のインタビューでも藤原さんに触れてられていました。


            藤原さんが正太郎くんに「悪い遊びを教えてやろうか?」と言っていたことや、他にもいくつか。

             


            監督のインタビューで一番「これはカッコいいエピソードだ」と思ったのは、


            ペット大王役の三木さんが幕張で5時までイベントがあり、6時の収録に間に合わない。


            でも三木さんは「無理じゃねぇ、間に合わせるんだよ!」と最短ルートを算段して見事間に合い、夏紀との絡みでラストバトルの収録できた。


            です。
            これは男前!プロだなぁ。

             


            藤原さんのインタビューは1ページ(そして半分は写真)です。


            映画が好きならより深く知ることのできる1冊だと思います。




            藤原さんの"悪い遊び"って何だろうな〜。

            | 雑誌・本 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
            パディントン・ベア DVD BOOK
            0
              JUGEMテーマ:藤原啓治


              これまで日本ではDVD化されていなかった『くまのパディントン』のアニメ。
              遂に、遂に、DVD化です!!


              藤原啓治さんは主役のパディントン役ですよ。



              ムック本付属のDVDに12エピソードが収録されています。


               

              収録内容:
              ドクター・パディントン
              ドタバタ自転車レース
              くまのダンスコンテスト
              初めての地下鉄
              ハッケヨイ パディントン
              サウナは熱いよ
              びっくり銀行
              大漁だよ、パディントン
              ぼくはボランティア
              おもしろ屋敷ツアー
              オパールを見つけよう
              床屋さんのお手伝い


              どれもパディントンが悪気無くトラブルを起こしては、最後はめでたしめでたしで終わるストーリーです。



              自分はCSで毎日放送していた頃に録画していたのをDVDにダビングしていたので、このDVDに入っているエピソードも全部ダビングしてあるのですが、ちゃんとしたDVDが欲しかったので購入しました!!
              93分収録で1365円は結構お得だと思います。


              本の方はパディントンの解説やキャラクター紹介、DVD収録エピソードの解説、グッズ紹介。30ページしかなくパンフレットみたいな感じです。
              まあ、メインはDVDですよね。




              さて、くまのパディントンですが、何よりもとにかく可愛い!
              藤原さんのとぼけた感じの演技も、ものすごく可愛い!!


              「うわーうわー」「助けてー」と慌てふためく姿はもうたまりません。


              このDVDの中で特に好きなのは、地下鉄の切符を無くして「間違って食べちゃったのかな…」としょんぼりするところと、バードさんのお手伝いで洗濯物を干す時に風に煽られてくるくる回るシーン。


              でも、どのエピソードも楽しくて大好きです。



              ダンスコンテストと床屋さんの回では劇中に歌が入るのですが、藤原さんが歌っているのか、別の人が歌っているのかがわかりません…。
              オープニングは藤原さんが歌っているんだろうけど…。
              わからない。わからないよ、パディントン!



              DVDには英語の音声も収録されていますが、字幕はありません。
              藤原さんがラジオで「結構おじさんの声」と話されていた記憶がありますが、確かにおじさん風の声でした。

               



              また、検索すると、宝島社から『パディントン・ベア DVD BOX』という素晴らしい商品が出ているようでした。
              2枚組のDVDに240分アニメが収録されているという…。しかも1050円という商品です。
              でも、どの通販サイトでも在庫がなく、宝島社に問い合わせてみると


              「お問い合わせの『パディントンベア DVD BOX』は、現在のところ具体的な発売日は決まっていない状況でございます。」


              だそうな。
              なんだか発売未定のまま発売中止になりそうな気がして怖いです…。
              DVD2枚組で1050円という値段はすごいので、絶対に出して欲しいな。



              ちなみに、宝島社からは10分も経たずにメールの返信が届いて驚きました。
              仕事が早い!

              | 雑誌・本 | 19:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
              声優PARADISE vol.05
              0
                JUGEMテーマ:藤原啓治

                 

                藤原さんの連載は、今回は特別編。
                クレヨンしんちゃん等でおなじみの本郷みつる監督との対談です。
                そして2ページです。やったぜ。


                前半はクレヨンしんちゃんトーク、後半は本郷監督と藤原さんの仕事についての考え方?なトーク。割と真面目な内容です。



                クレヨンしんちゃんについては目新しい内容はありませんでしたが、


                夢やぶれてこの業界を去る時に思ってもらいたいのは、ひとつだけ。それは自分がヘタだったからなんだってこと。
                それを"運が悪かった"とか、事務所や人間関係のせいにしたりとか、言い訳を作っちゃダメなんですよ。


                という藤原さんの話は単純だけど、深い気がします。
                養成所でもそういう話をされてるんでしょうね。



                また、


                本郷さんてさ、引退の時期とかって考えたことありますか?


                という藤原さんの質問にはドキリとさせられました。
                まるで藤原さんが引退の時期を考えた事があるみたいな…。
                (そりゃ、あるんだろうけど)



                数年前のイベントで藤原さんが引退時期についてトークをされた時は、かなり気持ちが沈んだ事を思い出しました。


                仮に藤原さんが声優業を引退されたとしても、膨大な量の出演作品があるから寂しくない!って思いたいけど、やっぱり寂しい。



                「藤原さんが声優業を続けている限り、ファンでい続ける!」なんてとても言えないし、そのうち出演作のチェックをしなくなる日も来ると思います。


                でも、藤原さんが引退をされる日は、まだずっと先であって欲しいです。

                 



                この号にはスケットダンスの記事もありまして、吉野さん&白石さん&杉田さんのピンナップが付いてます。
                表紙を捲った瞬間に目に飛び込んできた吉野さんが一瞬藤原さんに見えて、ちょっとびっくりしました(笑)


                | 雑誌・本 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                Newtype 2008年4月号 付録DVD
                0
                  JUGEMテーマ:藤原啓治


                  雑誌付録のDVDです。
                  このDVDに『Gフェスティバル2008』の模様が少しだけ収録されています。
                  メインキャストのコメントと合わせて20分くらいです。
                  (藤原さんのコメントはないです)



                  ガンダムマイスター選手権・ファイナルカットクイズで沙慈のイラストをボードに描く藤原さん(07:44)。
                  そのイラストの出来に三木さんが大爆笑されてます。
                  (自分はオノ・ナツメ先生っぽい感じだな〜と思いました)
                  斎藤さんに「棚」という漢字を教えたという所もばっちり収録されますよ。


                  この時、藤原さんは中村さんにサングラスを貸していたためサングラスをかけていません。


                  サングラスをかけていない、動く藤原さんを見れます。


                  藤原さんがメインで映るのはここだけで、あとは数回画面に映りこむだけでした。



                  自分もGフェスに当選したのでその場にいましたし、発売当時にDVDを見て以来の視聴。
                  「もう3年も前なんだ〜」とDVDを見ながらしみじみ思ってしまいました。



                  このDVDには他にも色々なコンテンツが収録されていて、ガンダムOOのDSソフトのCMで、サーシェスの


                  「こちとらボーナスがかかってるんでね。いただくぜ、ガンダム」
                  (1:15)


                  というセリフが聴けます。



                  あとは、藤原さんは出演されていませんが『ストレンヂア』のPVが良かったですね。
                  あの映画は面白かったので、もう1度観たいです。

                  | 雑誌・本 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                  声優PARADISE vol.04
                  0
                    JUGEMテーマ:藤原啓治

                     

                    昨年創刊された声優雑誌の4号目です。


                    vol.03からカラー1ページの藤原啓治さんの連載が始まりました。


                    今回は藤原さんが20歳の頃に住んでいたという仙川の街で思い出を振り返るという企画。



                    声優アニメディアの『もっとキス×キス』はキスコレのプロモ前提の連載ですが、こちらは色々な企画をやってくれそうで期待しています。


                    ネックになるのは雑誌の値段。
                    1680円はやや高いですね。
                    毎号藤原さんの1ページのために1680円は厳しいかな。
                    声アニも買うと3000円!?
                    藤原さんの連載2ページのために3000円!?



                    vol.04をAmazonで購入すると先着でポストカードが付いてきます。
                    vol.02の荒川UB特集の別ショットだ!!
                    (先着なので、もし付いてこなかったらごめんなさい)





                    毎号誰かしらのおまけが付いてきますが、まさか藤原さんとは…!!
                    嬉しいけど、ファン以外に欲しいと思う人がいるのかちょっと心配になりますね。


                    もしそんなに欲しくなくても、藤原さんが特典になることは滅多にないので大切にしてもらいたいです。

                    | 雑誌・本 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                    VOICE Newtype No.027
                    0
                      JUGEMテーマ:藤原啓治



                      2008年8月のボイスニュータイプです。
                      丁度『西洋骨董洋菓子店〜アンティーク〜』のアニメと同じ頃に発売された号です。

                       


                      この号、何が凄いかって付録が凄い!!


                      ベテラン男性声優さんのみを特集した『VOICE Newtype VINTAGE』という別冊付録が付いてきます!!


                      表紙が藤原啓治さんで、書店で見つけたときは迷わずレジに持って行きましたとも。



                      VINTAGEの藤原さんの特集は5ページです。
                      なんと、藤原さんのまわりにバラの花びらが散っています。


                      表紙でもバラ(棘がないから恐らく造花?)を持っていますけど、バラの花びらと共に横たわる藤原さんが何ともアダルティーです。



                      インタビューの内容は
                      「声優以外の仕事に就くとしたら」「好きな女性のタイプは」など特に変わったものはないものの、この取材の前夜に見た夢は「エッチすぎて、よい子たちにはいえません」だとか(笑)


                      最後のページにも「この別冊を見た同業者からの声が気になってます」とコメントが載っています。


                      VINTAGEのような渋い雑誌をぜひとも作っていただきたいですね〜。





                      本誌の方には『西洋骨董洋菓子店〜アンティーク〜』で三木さんとのインタビュー記事が1ページ載っています。



                      他に中村さん&神谷さん&福山さんの下敷きの付録も付いてます。
                      これがまた400円くらいで売られていそうなしっかりとした下敷きで重宝しています。

                      | 雑誌・本 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                      放浪息子 アニメーションガイド
                      0
                        JUGEMテーマ:藤原啓治



                        藤原啓治さんがしーちゃん役で出演されている『放浪息子』のアニメーションガイドです。



                        アニメ開始とほぼ同時に発売されたムック本で、内容はキャラクター紹介、声優さんのコメント&監督のインタビュー、美術資料―――といったところ。
                        アニメの深いところに触れていないので、立派なパンフレットという印象ですね。



                        声優さんに興味の無い人には高い買い物だと思います。
                        (興味があっても高いけどね)
                        980円くらいなら良かったなぁ…。


                        帯の折り返しによると、3月に完全設定資料集が発売予定だとか。
                        このガイドブックの発売は必要だったのかな?と思いました。

                         



                        声優さんのコメントは計14名(主演のふたりは対談形式)です。


                        メインキャラはほぼ網羅されてると思います!!
                        これは嬉しいです。中井和哉さんのコメントまでありますから。


                        主演のふたりが新人さんだということをこのガイドで知りました。
                        アニメで聴いてるとすごくナチュラルなので、演技が上手いなと驚きました。

                         


                        コメントは全員カラーの写真付きで、それぞれ1ページずつ。
                        作品のイメージや役のイメージ、アフレコ中の出来事や気に入っているキャラクターなど、12前後のQ&Aになっています。




                        藤原さんのコメントでは、


                        Q・演じる際に心がけたことを教えて下さい


                        「〜〜いろいろ考えさせられる作品なので、余計な味付けをしないほうがいいと思っています。」


                        Q・演じてみたいキャラクターがあれば教えて下さい


                        「〜〜もし若かったら、修一も演じてみたかったです。デリケートな年齢の心の揺れを表現してみたいです。」


                        Q・アフレコの際に大変だったことはありますか?


                        「共演者の皆さんの視線がプレッシャーです(笑)」「自分では中堅の下だと思っているんですが〜〜」


                        ※ごく一部の抜粋です。藤原さんはもっと語られています。


                        といった言葉が特に印象に残りました。

                         



                        そして藤原さんの写真。
                        髪が長い頃に撮影されたもので、サングラスは頭の上に乗っています。


                        少なくとも数年前から着ているトレーナー(エウレカの頃には着ていました)の首周りと袖がボロボロなんですけど…。
                        ヴィンテージなのか、着ていたらボロボロになったけど気にせずにいるのか…。


                        恐らく前者なのだろうけど、藤原さんなら後者でもありうる気がします。

                         




                        ユキさん役の本田貴子さんのコメントは簡潔です。
                        藤原さんもこういう回答をされる時があるので、なんだか可笑しかったです(笑)


                        読めば分かると思います。

                        | 雑誌・本 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP