■1005■藤原啓治さん応援中!!!

声優:藤原啓治さん出演作品の個人的な感想を書き綴るファンブログです。よろしくお願いします。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アニコムラジオDJCD 4EVER
アニコムラジオDJCD 4EVER (JUGEMレビュー »)
ラジオ・サントラ,藤原啓治,阿澄佳奈
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
声優PARADISE VOL.4 (グライドメディアムック04)
声優PARADISE VOL.4 (グライドメディアムック04) (JUGEMレビュー »)

Amazonでは先着で藤原さんのポストカードが付きますよ!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    或るM氏による廃棄3秒前の捜査ファイル FILE No.1:御堂ゼン
    0
      JUGEMテーマ:藤原啓治

       



      『Tiny×Machinegun FILE:1』オフィシャル通販(IMオンラインショップ)特典CDです。



      ゼンがまだVANEASTに所属していた頃の話で、配属されて数か月のレイガンドと共に飛び降り自殺を図ろうとする男の元へ向かうストーリー。

      収録時間/約13分


      御堂ゼン登場回数:★★★★★



      仕事中のレイガンドに「免許取ろうと思うんだよね〜」などとちょっかいを出し、自分のデスクの汚さを「名誉ゴミ山だ」と力説するゼン。
      ちゃらけたゼンにレイガンドの冷静なツッコミが炸裂します。


      飛び降りを図る男に対しても「こっちは大丈夫だから、好きにしていいよ」と煽るように接するゼン。
      そんな適当なゼンが、抑えめの声で「相手の頭にぶち当てろ」とレイガンドに耳打ちするシーンで色気を感じました!反則だ!


      ゼンの性格の軽い部分がよくわかるCDで、面白かったです。

       


      ゼンの出番は本編CDより多かったです。
      FILE:2のオフィシャル通販特典CDにもゼンが登場するようなので、そちらにも期待したいところ。



      以下、好きなセリフです。


      続きを読む >>
      | Tiny×Machinegun | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      Tiny×Machinegun タイニー・マクダニエル捜査ファイル FILE No.1 The Knock Down
      0
        評価:
        田村ゆかり,藤原啓治,櫻井孝宏,鳥海浩輔,折笠愛,三木眞一郎,鈴木達央
        Rejet
        ¥ 2,620
        (2012-02-29)

        JUGEMテーマ:藤原啓治


        ニューヨーク・シティを守るニューヨークポリス『CaptainVANEAST(キャプテンヴァンイースト)』
        そのVANEASTに、若干15歳の新米警察官タイニーが配属される。
        しかし、タイニーはアイドルとして見れら、事件の調査には加えてもらえなかった。


        彼女は手柄を立てようと単独で未解決事件の調査を行おうとする。
        そこで、殺人未遂の容疑をかけられている御堂ゼンという男の元へ向かうのだが…。



        ドラマCD3枚と、ゲームの発売が予定されている『Tiny×Machinegun』シリーズのドラマCD第一弾です。



        藤原啓治さんは御堂ゼン役。

        御堂ゼン登場回数:★★☆☆☆



        ゼンは、オンボロアパートに暮らす「パンツ一丁で寝たばこしながらAV鑑賞をしている34歳独身男」
        かつてはVANEASTの警察官だったものの、今は自称・一般市民。
        しかも市長の殺人未遂容疑をかけられている、そんなキャラ。

         

        メインキャラなので登場シーンは多いかと思いきや、そんなでもなかったです。


        トラック1はレイガンドとウルフがメイン。
        トラック2はタイニーがメイン。
        トラック3でようやくゼンが登場します。本格的にストーリーに絡んでくるのはvol.2以降でしょうか。



        公式サイトでは「おちゃらけているが、根はマジメ」と紹介されていますが、このドラマCDではマジメな部分は聴けませんでした。
        トラック1の冒頭のプロローグで


        「正義なんて…クソくらえだ」


        と思わせぶりな言葉を残していますが、その謎もこのCDでは解けません。




        公式サイトのキャラ紹介でその謎に繋がると思われる設定が載っています。
        それに関連したストーリーがvol.2で展開するのでしょうか。

         

        トラック3でタイニーに「ハンズアップ(08:13)」と言うシーンはカッコ良かったです。




        このCDは、
        メインキャラの紹介→謎の悪者が事件を起こし、VANEASTやゼンの力でその場は収まるものの、犯人は捕まらず次に続く!
        という内容。


        ストーリーはシリアスさよりもコメディが前面に出ていました。
        それぞれのキャラが立っていて、世界観もきちんとできているので、今後に期待できるシリーズだと思います。
        この先、ゼンのマジメなシーンがたくさんあるといいな。



        ドラマCDvol.2と3の発売日が延期未定となったのは、少し心配ですけど…。

         



        以下、好きなセリフです。
        2つだけなので折りたたみません。



        「じゃ、ちょっとパンツ見せてー(3/04:38)」
        「部外者はそろそろ退散致します。ドロン(3/28:30)」


         

        | Tiny×Machinegun | 20:25 | comments(0) | trackbacks(1) | - | ↑PAGE TOP