■1005■藤原啓治さん応援中!!!

声優:藤原啓治さん出演作品の個人的な感想を書き綴るファンブログです。よろしくお願いします。
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アニコムラジオDJCD 4EVER
アニコムラジオDJCD 4EVER (JUGEMレビュー »)
ラジオ・サントラ,藤原啓治,阿澄佳奈
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
声優PARADISE VOL.4 (グライドメディアムック04)
声優PARADISE VOL.4 (グライドメディアムック04) (JUGEMレビュー »)

Amazonでは先着で藤原さんのポストカードが付きますよ!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< デュラララ!! 番外編 12.5話『天網恢恢』 | main | ディトネイター >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    カレイドスター
    0
      評価:
      渡辺はじめ,追崎史敏
      テレビ東京メディアネット
      ¥ 6,000
      (2003-09-12)

      JUGEMテーマ:藤原啓治


      カレイドステージ…それは世界的に大人気のエンターテイメントステージ。

      主人公・苗木野そらは、幼い頃に両親と観たカレイドステージに憧れ、単身アメリカへ。

      オーディションを受ける事はできなかったものの特例で入団できたそらだったが、その先には様々な困難が待ち受けていた。
       

      サーカスを舞台にしたアニメです。

      主人公のそらが、カレイドステージのスターへと成長していく過程を描いています。

      テイストとしてはスポ根少女アニメかなぁ…。
      自分はアニメの「ガラスの仮面(2005年版)」が大好きなのですが
      「才能のある主人公が、ライバルや仲間達と共に成長していく」
      というストーリーに近いものを感じます。

      ガラスの仮面はシリアスで、カレイドスターは明るいなど、違う面もたくさんありますけどね。

      カレイドスターにはラブストーリー要素はほとんどありません。
       


      カレイドスターのテレビシリーズは全部で51話なのですが、この記事では1話〜26話の感想を書いています。
      (27話からは「カレイドスター 新たなる翼」というタイトルになります)



      藤原啓治さんはカレイドステージのオーナー・カロス役。


      かつては将来を有望視されていたマジシャンだったが、指の怪我が原因で引退。
      指に掛けていた保険金でカレイドステージのオーナーになった。

      キャスト(特にそら)に厳しいうえに、多くを語ることは無く
      「話題作りのためなら手段を選ばない男」
      と言われることも。

      カロスはそらの隠された才能に気付いている様子。
      しかしそれを本人に伝える気はまったくなく、カレイドステージを辞めようとするそらを引き止めることもしない。
      すべて自分から気付かせようとする方針のよう。


      そんなカロスですが、紳士的な一面があったり、大道具のジャンとは仲間として対等に会話するシーンや、
      「カレイドステージは観客を楽しませるためにある」という信念を感じる台詞もあります。


      また、常にサングラスをかけ、ヒゲを生やしたその姿は、藤原さんご本人とダブって見えることもあったりなかったり。



      カロス登場回数:

      ★★★☆☆

      ほとんどの話数に登場します。
      出番は多かったり、少なかったり…。
       


      オススメは、
      ・そらに特に厳しくあたる3話。

      そらだけをステージに上げないものの、最後にレイラに「あの娘に何を期待しているにかしら」と言われ「ふっ」と笑うシーン!


      ・天才ディアボロ少女・ロゼッタが登場する7話。

      ロゼッタに契約延長を断られた後のそらとの会話!


      ・もう何も言う事はない!15話!
       


      たまに登場するサラの師範役も藤原さんだと思います。

      14話からのスタッフロールでは、最後に出てくるカロスに注目です。





      アニメの展開は早めです。

      盛り上がったところで「次回へ続く!」とはならず、1話できちんと終わるエピソードがほとんどなのでストレスを感じることなく見れます。


      困難にぶち当たっても前向きに頑張るそらを見ていると、こちらも元気になれるような、そんなアニメです。
       


      以下、好きな台詞などを折り畳みで。

       
       

       

      ★1話
      ・締まったいい筋肉だ
      ・全速力!
      ・行け
      ・いつか、観客はあいつを観るためにここへやって来るようになる

       

      ★2話
      ・相変わらずいい脚だと思っただけだ

       

      ★3話
      ・お前の役はない
      ・嫌なら別に構わん
      ・自分がやると言ったくせに、そんな役もこなせないのか。お前を特例で入団させたりするんじゃなかったな
      ・そんなことはどうでもいい
      ・(最後に、ふ…と笑う)

       

      ★4話
      ・え…?

       

      ★5話
      ・お前達はまだギリギリの合格点だということを忘れるな
      ・ふっ
      ・新聞の批評に左右されてどうする
      ・お前が謝らなければならないのは、我々ではない

       

      ★6話
      ・捨てないのなら、お前がカレイドステージを辞めろ
      ・なにぃ
      ・いい加減にしろ!
      ・最大の誤算だ
      ・はぁ…この件はジャンに任せる

       

      ★7話
      ・カレイドステージは君の技を披露する評議会ではない
      ・すまん…
      ・ロゼッタを変えたな、そら
      ・1週間前のリベンジかい?
      ・あぁ…そんな気分だ

       

      ★8話(カロス、タキシード姿でレイラをエスコート)

       

      ★9話
      ・ほーう
      ・(カロス、そらの夢の中で馬になる)
      ・まさか、怖いんじゃないだろうな

       

      ★10話
      ・まぁ、観てくれ
      ・カレイドステージに新しい演目が加わったな。自分で道を切り開く人魚姫だ

       

      ★12話
      ・じゃ
      ・お前が決めろ
      ・我々は今アルテバラにいるのだ!

       

      ★13話
      ・もちろんだ

       

      ★14話
      ・スタッフロールで転ぶ

       

      ★15話
      ・帰れ!断る、帰れ!
      ・い、いつの間に…
      ・俺がもういらないと言えば、あいつは心置きなく自分の夢を追うことができる
      ・これからもずっとあいつを必要とするだろう
      ・なっ…ぜ、全部!?
      ・幕を開けるぞ!

       

      ★16話
      ・1週間で舞台にのせられるだけのものにしてみろ

       

      ★17話
      ・ジャン、生き生きしてるぞ

       

      ★18話
      ・そんな気持ちでやるくらいなら、やらないほうがマシだ
      ・お前にはがっかりだ…

       

      ★23話
      ・ウワーチョー!
      ・やれ
      ・そらとレイラを信じられるなら最後まで不安な顔や甘い顔を見せるな。信じられないなら、今すぐにここから去れ
      ・その資格は俺達にはない
      ・お前にできるのか?

       

      ★24話
      ・我々にどん底を体験させるために出資を降りたんですか

       

      ★25話
      ・(肩を痛めたレイラの部屋のドアを叩こうとする)
      ・いや、その通りだ
      ・だから今度こそ、俺はレイラとそらを最後まで信じる

       

      ★26話
      ・まだ決まったわけじゃない。なるようになるさ
      ・俺はなんにもしてない。あいつが勝手に突っ走っただけだ
      ・アーロン、観る者にも生きる力を与える、それが幻の大技だったんだ。


      | カレイドスター | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:23 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック